Interview

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. ピンチの時全力でサポートしてくれた上司。その時の上司のようになれているか、いつも考えます。

コンサルタントリーダー
Ayaka Umezu
2017年 中途入社

ピンチの時全力でサポートしてくれた上司。その時の上司のようになれているか、いつも考えます。

この会社を選んだ理由を教えてください。
チャレンジができる会社であったこと
面接時に実際に一緒に働く方が出てきてくれたので安心感があり、一緒に働くイメージが沸きました。
また、面接のときに代表の久利から言われた「失敗してもいいから、とりあえずやってみたいこと何でもやってみて」という一言も決め手になりました。
前職(紳士服販売)では、自由に動くことが難しかったのでとても魅力的に感じたのを覚えています。
入社してからGAPはありましたか?
特にありません。
入社してから仕事も立場も変わってきましたが、その都度「やるしかない。」という気持ちでやってきました。
だからこの仕事が好き!
前は自分の成果が出ていた時に一番仕事にやりがいを感じていましたが、今はメンバー管理もしているので、後輩たちが「前回の失敗を生かし、次の成長に繋げている姿」をみて、この仕事のやりがいを感じています。
仕事上での最大のピンチ
入社半年ほどの時期でしたが、クライアントとのコミュニケーションエラーが発生してしまい、クライアントより担当変更を言い渡されました。
「御社と引き続きの契約は出来ません」と言われてしまった時は、先輩から引き継いだお客様の信頼を失った事への罪悪感から、もの凄くショックを受けました。

その際、当時の上司の支援を得ながらその場を収束したのですが、上司は私が引き続きそのクライアントを担当できるよう先方と話をしてくれました。
そんな上司の姿をみて、周りが困っているときに今度は自分が助けてあげられるようになろうと強く思いました。
今は人材育成もできるポジションにとても遣り甲斐を感じています。

今考えると、リスクに対する想像力が欠けていたと思います。
この一件から、クライアントへ都度状況の確認や報告、認識のすり合わせを徹底して行い、クライアントと良い関係を築けるようになりましたし、早い段階でリスクをキャッチできるようになりました。
結婚や妊娠など、生活が変わる中で仕事に対する考え方は変わりましたか?
プライベートと仕事は切り分けをしているのでそこまで考え方の変化はありませんが、以前よりも効率を考えて仕事をするようになりました!!
≪帰りの時間は早くなりましたか?≫
帰り時間を周りに宣言して、なるべく早く帰宅しています。
旦那さんは帰りが早いので、自分も早めに帰宅できるよう気を付けています。
トラブルがない限り、社用携帯も家で見なくなりました。
アン・コンサルティングのコンサルティング事業部をひと言でいうと?(チームの雰囲気や関係性、メンバーの人柄など)
「和気あいあい」です 笑

≪仲が良いんですね?≫
すごくいいと思う。
メンバーはみんな真面目でやるべきことはしっかりやる。上の人が背中で見せてきたからこそだと思います。
就活生へのひと言
就職活動は色んな職業を見れる良い機会だと思います!!
是非様々な企業さんの話を聞いて、自身に一番合う職場を見つけていただきたいです!!
今しかない時間を大切にしてくださいね!
ご縁があった際は、私達と一緒にエンジニアさん支援に向け一緒に頑張りましょう!!