Interview

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 「誰が介在するか」によって結果は大きく変わる。自分だから取れた契約もあれば、取れなかった契約もある。

コンサルティング事業部
T・T
2019年新卒入社

「誰が介在するか」によって結果は大きく変わる。自分だから取れた契約もあれば、取れなかった契約もある。

この会社に入社を決めた理由を教えてください。
業界への拘りが強かった訳ではありませんが、元々営業職を希望していました。
自分は大学時代、コールセンターでアルバイトをしていたのですが「対個人」「対法人」への対応を両方経験する中で、「法人向けのテレアポ業務」に対し、より面白さを感じたという背景があります。
電話越しであっても契約に繋がったり、成果が目に見える事が面白味に繋がっていたように思います。

アン・コンサルティングはフリーランスを扱っていたので、フリーランスの働き方や業務委託について調べているうちに、普通の人材業よりも面白そうだなと感じるようになりました。

あと、最終面接の際、代表の久利へ「入社前に何かしておいた方が良い事はありますか?」と聞くと、
「無いよ。遊んで。」
「会社に入っても大事なのは家族や友達や周りの人だよ。」と言われたのはよく覚えています。

自分は「組織として」「チームとして」という考え方が強かったので、個々の数字よりも会社全体、周りの人を大切にするという考え方が良いなと感じました。


-内定が出た時は即決でしたよね? 迷いはありませんでしたか?

迷いは全くありませんでした。
不安が無かったわけでは無いです 笑 
東京に住んだことがなかったので、知らない土地に住むのは不安じゃないですか。特に東京だし。。。
どんな感じなんだろうと思っていました。
入社をしてみて、想像していた業務や環境とGAPに感じた事はありますか?
「自由度の高さです。」

新卒で入社をした後、枠が決まった中で仕事をするものだとイメージしていました。
実際は、段階は有るもののやらせてもらえるし、やらなきゃいけない状況におかれたので、そこがGAPでした。

あとは、どんな仕事をするとしてもテンプレのようなものがあると思っていました。
契約が決まる時は決まるし、ダメな時はダメなんだろうと。
自身の交渉やトークによって大きく結果が変わる事を知って、非常に面白かったです。

自分だから取れた契約もあるし、逆に取れなかった契約もある。
やったらいけない事やルールがかっちり決まっていたコールセンターとは全く違う仕事でした。
仕事のやりがい(もしくは好きなところ)を教えてください。
入社初年度の年明けごろ、当社とは契約できないと仰っていた企業との契約に至りました。
そもそも業務委託の契約を会社として認めていない方針で、難易度は高かったんです。

ただ、ITエンジニアの需要が間違いなくある、ソフトウェア開発の大手企業でしたので定期的にアプローチを続けていました。


-ご契約に繋がったポイント(決め手)は何だったと思いますか?

業務委託のメリットを説明したり、その中で自分達は何ができるのか、お付き合いの仕方などを丁寧にご説明させていただき、ご契約の不安を払拭できたことがひとつのポイントでした。
また、先方が必要としているエンジニアをベストなタイミングでご紹介出来たことが、大きかったと思います。

個々の営業スタイルによって、得意なお客様、不得意なお客様は分かれてきます。
「自分だから」ということをより感じられることが、面白味に繋がっています。
入社1年目でMVPを受賞した時の気持ちを教えてください!
-八芳園で華やかな授賞式でしたね!

MVPを取ったのは自分なんですけど、、MVPを取らせて頂けるだけのパフォーマンスを出せたのは、先輩社員であったり、事業部のメンバーであったり、他部署のアシストのお陰だと思っています。

決して自分だけの成果ではないし、みんなで取ったMVPだと感じています。

アン・コンサルティングは入社したばかりでもサポートを受けて、活躍する機会があるという事が伝われば嬉しいです。。。
思い出に残っている契約はありますか?
思い出があり過ぎるんですよね 笑

ーインパクトの大きなものを是非。。

それでいくと、入社して5ケ月で厳しいトラブルを経験しました。
こちらも元々、フリーランスの受け入れが難しい企業様でしたが、
根気強く提案を続けていく中でエンジニア紹介の機会をいただきました。

弊社からご紹介差し上げた方は、ご面談からご契約まであっという間に決まり、シンプルに期待に応えられて嬉しかったですし、
企業様に「フリーランスの受け入れ」という実績をつくることが出来た達成感もありました。

ただ、なんとその紹介したエンジニアさんが勤怠不良で1ヶ月で終了になってしまったんです(苦笑)
自身の提案もあって初めてフリーランスを受け入れて頂いたので、本当に申し訳なく、死ぬ気でプロジェクトに入れそうな後任の方を探しました。

過去にお取引いただいていたエンジニアさんを思い出し、コンタクトを取り、現状も率直に伝えた上で何とかご参画いただくことが出来ました。

このトラブルからの一件のご契約が、何かあった時にまっ先に案件を頂ける関係性に繋がったと感じてます。

お客様からは「誠意ある対応をしてくれているので、困ったら第一にお声がけします。」と言って頂いてます。
今では、こちらの企業様に弊社から7名のエンジニアさんが働いていて、本当に良いお付き合いをさせて頂いていると思います。


そこからは、何か問題がおきた時に「どう切り抜けるか」ではなくて、「ここからどれだけ良い関係を築けるか」を考えるようになったのが大きな変化です。
アン・コンサルティングへの入社を考えている人へのひと言
誰か1人だけの達成ではなく、全体での達成をモットーに個性豊かなメンバーがチーム感を持って仕事をしています。

団体戦が好きな方、チームや会社と一緒に成長していける方と働けるのを楽しみにしています。
ご縁があった際は、私達と一緒にマッチングで世の中を面白くしていきましょう!